窓口大会について選手強化加盟団体HPテニスのしおりランキング大会一覧指導・ルール審判会員登録ジュニアJTA北信越テニス協会



2005 ジュニア強化

H17,5/21,22 福井県わかばテニスコートにて 北信越小学生大会開催。長野県からは予選を勝ち抜いた男女各4名が参加。男子・滝沢裕也、柳沢圭、久保田祥伍、藤森大輝  女子・牧野菜摘、飯島詩織、畦上みずき、小島友美
残念ながら全国切符は勝ち取れませんでした。最高成績は牧野さんのベスト8でした。
長野県テニス協会〈 強化委員会〈 ジュニア

H17,6/11,12 福井県わかばテニスコートにて 北信越中学生大会個人戦開催。シングルスは男子、伊藤 駿が4位、女子は渡辺、滝沢がベスト8でした。伊藤の全国大会出場は微妙なところです

H17年6月18〜19日 全日本ジュニア14才、12才県予選開催。14才シングルスで男子 神林、女子 小島絢美。12才で女子 庭山が北信越推薦で予選免除。だが今迄でいちばんエントリーが多く熱い戦いが繰りひろげられた。14才男子は1シード桃崎と2シード深草の決勝。タイブレークを制したのは深草だった。女子は順当に1シード渡辺が優勝。2位に2シードの黒沢がはいった。ベスト4は男子牧野、北村。女子北村、滝沢。
12才シングルスは男子 1位大林、2位川上、3位井口、4位滝沢。女子は1位丸山、2位畦上、3位飯島、4位牧野。畦上は準決勝飯島に競り勝って、全小に続いて北信越切符を手にした。
14才は上位4名。12才は上位3名が北信越へ。

H17年6月25日  長野、山梨 ジュニア対抗戦。
30度を超える猛暑の中(会場の須玉は標高が700Mあるのに)プライドをかけた戦いが繰りひろげられた。
結果は長野が16勝14敗でからくも勝利。やや男子が劣勢でした。
H17山梨対抗戦
H18山梨対抗戦
H18対抗戦挨拶