窓口大会について選手強化加盟団体HPテニスのしおりランキング大会一覧指導・ルール審判会員登録ジュニアJTA北信越テニス協会



2010 第65回 ゆめ半島千葉国体
成年男子  1回戦  対 岩手  0−2  伊藤 駿 4−8 吉田   庭山 大志 6−8 谷地

  少年女子  2回戦  対 愛知  1−2  牧野 菜摘 6−8 吉冨  中原 理沙 8−5 西尾  D 4−8

  少年男子  1回戦  対 香川  2−0  諱 五貴  8−5 切詰  西脇 一樹 8−6 岡野
          2回戦  対 滋賀  2−0  諱 五貴  8−6 奥田  西脇 一樹 8−3 石島
          3回戦  対 北海道 2−0 諱 五貴  8−6 丹野  西脇 一樹 8−6 平島
        準々決勝  対 埼玉  0−2 諱 五貴  5−8 大城  西脇 一樹 4−8 綿貫
      5〜8予備戦  対 岡山  0−2 諱 五貴  1−8 小野  西脇 一樹 3−8 内田
       7位決定戦  対 岐阜  1−2 諱 五貴  5−8 古田  西脇 一樹 8−2 長崎  D 3−8

少年男子が8位入賞!
高校1年生コンビの諱、西脇が少年男子で大活躍。見事8位入賞を果たした。
1回戦香川を2−0で破ると、勢いに乗り2回戦第7シードの滋賀も2−0、第11シードの北海道も2−0で撃破しQFへ駒を
進めた!じつは1回戦香川のNO.1切詰に諱は昨年の全中で苦杯をなめていた。この勝利にNO.2西脇も勇気をもらい厳しい競り合いを征した。続く第7シード滋賀、第11シード北海道も格上なのは誰の目でも明らかだったが、のびのび戦った2人に女神は微笑んだ!昨年の少年女子の6位入賞に続く2年連続入賞だ。順位戦は厳しい結果だったが、この経験は2人の今後に大きな自信と期待を持たせた。おめでとうそしてありがとう。
少年女子はドロー運に恵まれず、2回戦スタートながら第3シード愛知と戦った。牧野はNO.1吉冨に6−6まで競り合ったがそこでブレークを許し惜敗。NO.2中原は強打の西尾に8−5で打ち勝った。惜しくもダブルスは負けてしまったが、愛知は4位になったことを考えると十分入賞を狙えた実力はもっていた。
成年男子は1回戦岩手。伊藤は波に乗れず4−4からブレークを許し4−8。庭山は6−6から6−8と惜しい敗戦であった。

長野県テニス協会〈 強化委員会〈 国体
ドローと結果
成年男子 庭山 伊藤
少年男子 田中監督  諱  西脇
8位入賞の 西脇、諱
少年女子 中原 牧野
少年男女と支援スタッフ
庭山大志 伊藤駿
少年男子
8位入賞の西脇、諱
中原、牧野
少年チームとスタッフ