窓口大会について選手強化加盟団体HPテニスのしおりランキング大会一覧指導・ルール審判会員登録ジュニアJTA北信越テニス協会



2012/8/4〜8/5 福井市わかばテニスコート

参加者:成年男子 伊藤 駿 選手(写真右) ・ 行徳 陽介 選手(写真左)
   :成年女子 丸山 薫 選手(写真左) ・松浦 愛   選手(写真右)
   :サポート 竹内 泰二トレーナー   ・野村 智弘 ・小澤 健太郎 ・ 斉藤 政宏

今年から北信越5県による総当たりリーグ戦によって本国体(岐阜国体)の出場権を争う事になった。今年の本国体への出場権は男子2・女子4となっており、シングルス2本、ダブルス1本の計3ポイントで2勝したほうが勝利する団体戦形式で出場権を争った。また今年から総当たりリーグの対戦になった為、各県との勝ち負けの他に勝敗が同率となった場合に勝利試合数・取得ゲーム率で順位が決定する為、全ての試合で1ゲームの重みが増す厳しい戦いが繰り広げられた。

男子は1日目新潟県、石川県に共にスコア3-0で連勝し2日目を迎える。2日目初戦で優勝候補富山県に1-2で大接戦の末敗戦、最終戦福井県戦に本国体出場がかかった。勝った方が本国体出場の重圧の中、伊藤・行徳両選手ともに圧倒的な強さを見せ見事勝利し北信越国体2位となり本国体出場を決める。

女子は1日目石川県、新潟県に共にスコア1-2で惜しくも敗戦となる。石川県戦では丸山選手、新潟県戦では松浦選手がシングルスで勝利を収めるが両対戦ともに最終ダブルスで敗れる。2日目初戦で富山県に2-1で勝利を収め最終戦福井県戦は0-3で敗戦する。優勝は福井県、準優勝は新潟県となり、長野県・富山県・石川県が同率で並ぶが取得ゲーム率で長野県が3位となり見事本国体出場を決める。

既に出場権のある少年男女と合わせ、全種目での本国体出場を決めた。記録的な猛暑の中、長野県を代表して激戦を勝ち抜いた4名の代表選手に感謝すると共に、期間中献身的なサポートを頂いたトレーナーの竹内泰二先生、的確なコーチングを行った野村・小澤の両監督に感謝したい。

強化委員会   斉藤 政宏

2012 第33回国民体育大会 北信越大会
長野県テニス協会〈 強化委員会〈 国体